新聞広告

紙面広告の中では
圧倒的な信頼性を持っています

ご相談について、お電話、ご来社、ご訪問、いずれも無料で承ります。※遠方のお客様に関しましては交通費をご請求申し上げる場合がございます。

新聞広告の特徴

新聞広告とは

新聞広告とは、新聞の広告スペースへ掲載される広告です。全国各地に毎日発行される新聞は、数多くの人々に継続して広告を訴求できる媒体です。インターネットが普及している今日でも、新聞が強力なマスメディアであることに変わりわなく、社会的信頼性は他のどの広告媒体よりも高いといえるでしょう。

新聞広告

全国新聞と地方新聞

日本全国の新聞を合わせると、1,000種類以上が存在していると言われています。大きく分けると全地域に配布されるため発行部数が多く、大多数に対する広告が可能な「全国新聞」と、地域ごとに存在するため、地域性に特化した広告が可能な「地方新聞」に分類されます。

主な全国新聞 詳細
読売新聞 世界一の発行部数を誇る大衆紙。記事のわかりやすさが特徴的で、もっともポピュラーな新聞です。
朝日新聞 日本で2番目の発行部数を誇る新聞。権威的なイメージを強く、言論の社会的な影響力はかなりのものです。
毎日新聞 日本最古の日刊紙と呼ばれる歴史の古い新聞。読売、朝日と合わせて三大紙ともいわれています。
日本経済新聞 経済紙なので一般紙に比べると、経済や株価、産業関係の記事の比重が高い新聞です。
主な地方新聞 詳細
大阪日日新聞 大阪府の朝刊専売地方新聞。一かけ月の購読料が、最も安い新聞です。
京都新聞 社寺や大学の情報など、京都ならではの情報が充実しており、京都府内ではシェア率トップの新聞です。
神戸新聞 兵庫県はもちろん、近畿西部の情報も充実しており、兵庫県内ではシェア率トップの新聞です。
神奈川新聞 朝日新聞社のグループ企業であり、神奈川県の情報を中心に扱う新聞です。

新聞広告のメリット

  1. メリット1
    社会的信頼性が高い

    言論・報道機関である新聞社の発信する内容には、高い信頼性と社会的責任が求められます。そして、そこに出稿される広告もまた高い信頼性が保証されることになります。そのため、新聞に広告を出稿した企業は、ある程度の信頼性を得ることが可能だといえます。

  2. メリット2
    接触回数が多い

    新聞の年間発行部数は、4千万を超えており、それだけ多くの読者が存在することを意味しています。しかも、その90% 以上が定期購読の為、ほぼ毎日、広告と接触する機会があります。さらに一軒家の場合、住人全員が広告に接触する可能性も高くなります。

  3. メリット3
    地域別で広告展開ができる

    全国で様々な新聞が発行されているため、地域ごとの購買層を意識した広告を出稿することができます。

新聞広告の種類

各広告の名称

新聞広告の種類は主に、報道記事下に掲載される「記事下広告」と、それ以外の「雑報広告」の2つに分類されます。

新聞広告の種類
記事挟み広告
記事の中に幅1センチ×1段のサイズで掲載される広告です。社名や商品名を告知するのに使われるのが一般的です。
記事中広告
記事の中に掲載される広告枠です。1段の中に十数行の幅で掲載されます。
突き出し広告
紙面の左右端、記事下広告の真上に突き出したかたちで掲載される広告です。2段での展開が一般的です。
題字下(題字横)
題字の下、あるいは横に掲載される広告です。新聞によってサイズが異なります。
記事下広告
紙面1ページを15分割にしたものを基準にサイズを設定する、代表的な新聞広告です。広告が占める段数と横幅によって様々に展開が可能です。
全面広告
全15段をいっぱいに使った広告です。新聞広告の中ではもっともインパクトのある広告のひとつです。

料金

全国紙(日本経済新聞の参考価格)

雑誌名 参考掲載料金(1回)
全面広告(380mmx512.5mm 全15段) 20,400,000
記事下広告(380mmx169.5 全5段) 7,360,000
突き出し広告(52.5mmx62mm) 579,000
記事中広告(70mmx31mm) 529,000
記事挟み広告(10mmx31mm) 161,000
※広告の種類、サイズは一例です。詳細はお問い合わせください。

導入までの流れ

  • メールアイコン
    お問い合わせ
  • ヒアリングアイコン
    ヒアリング
  • 電卓アイコン
    お見積り
  • 虫眼鏡アイコン
    制作
  • 虫眼鏡アイコン
    納品・掲載開始

ご相談に関しましては、お電話、ご訪問まで無料で承ります。

このプロモーションに関するお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

【受付:フリーコール】株式会社アイビス(平日11:00〜18:00)
万が一つながらない場合は、06-6633-7722へおかけ直しください。

メールでのお問い合わせ/お気に入り追加
お気に入りに追加する
このページのトップへ

ご相談について、お電話、ご来社、ご訪問、いずれも無料で承ります。

※遠方のお客様に関しましては交通費をご請求申し上げる場合がございます。

通話無料0800-123-0323

【受付:フリーコール】株式会社アイビス(平日11:00〜18:00)

お問い合わせフォーム

万が一つながらない場合は、06-6633-7722へおかけ直しください。